img_concierge3.jpg

大進建設の
経営理念

Mission

全社員の物心両面の
幸福を追求すると同時に
お客様満足No.1実現し
会社に貢献する

Mission
ミッション

​合理的で快適、
エコな住宅を創り、
オーナー様に
良い住宅に住む喜び、
幸せ、満足、
そして感動を提供する

Vision
ビジョン

 

経営と社員の質で
東北No.1の
ビルダーを目指す

Value
バリュー

衆知を集め、
完璧なプレゼンをし、
オーナー様と
末永いお付き合いをする

img_concierge3.jpg

代表からのメッセージ

yagihashi_retouch.png

信じ合える仲間と心一つに、
「お客様第一主義」を貫く

八木橋 一
代表取締役社長

会社の発展のために一人一人が精一杯努力する、経営者も命をかけてみんなの信頼にこたえる、
働く仲間のそのような心を信じ、私利私欲のためではない、社員のみんなが本当にこの会社で働いてよかったと思う、
すばらしい会社にしたいと思いフィロソフィ=企業理念を作りました。

​人の心はうつろいやすく変わりやすいものと言われますが、また同時にこれほど強固なものも無いのです。
その強い心のつながりをベースにして大進の経営理念を実現していきます。

一人一人の思いが違ったり、不平不満があったりするようではどうにもなりません。
本当に心が一つになった信じ合える仲間、信じ合える心を持った集団をつくる以外に会社を発展させる道はなく、
そのような集団であれば、いい会社になれるでしょう。

大進建設は昭和36年の創業より広く建築の仕事をしてきましたが、
平成9年より自主独立の設計・施工の会社に生まれ変わりました。
自主独立とは、お客様が望まれるような価値をもった建物を次々と生み出していくということです。
ですからその分野においては、お客様より進んだ技術をもつ必要があります。
進んだ技術で、納期・品質・価格・新商品開発等のすべてにわたってお客様の満足を得なければなりません。

お客様のニーズに対して、今までの概念をくつがえして、徹底的にチャレンジしていくという姿勢が要求されます。
お客様に喜んでいただくことが商いの基本であるということを、私は「お客様第一主義」と言ってきました。
つまり私は、どんなことをしてでもお客様に喜んでいただくということこそが商いの基本で、
そうでなければ利益を上げ続けることはできないと思っているのです。

daikazokusyugi.jpg


私たちは、人の喜びを自分の喜びとして感じ、
苦楽を共にできる家族のような信頼関係を大切にしています。
これが大進の社員どうしのつながリの原点です。

この家族のような関係は、お互いに感謝しあうという気持ち、
お互いを思いやるという気持ちとなって、
信じあえる仲間をつくリ、仕事をしていく基盤となりました。

人の心をベースとした経営は、とりもなおさず
家族のような関係を大切にする経営でもあるのです。

ただし一歩間違うと、お互いに助けあうことにとどまらず、
甘えの経営に陥りかねません。
ちょっとくらい失敗があってもいいではないか、といった甘えです。
 
本来会社というのは、家族とは全く違うものです。
会社に対する責任は有限であって、無限ではありません。
家族に対する責任というのは、無限に近いものです。

「大家族主義」を甘えの構造とすることなく。
「会社=家族」のため、そしてお客様のためにと動く姿勢が求められます。

 

大進建設では年功や経歴といったものではなく、
その人が持っている真の実力が全てを測る基準となっています。

本当に力のある人とは、人間として尊敬され信頼され、
みんなのために自分の力を発揮しようとする人です。
こうした人が組織の長となり、
実力を十分に発揮できるような組織風土でなければなりません。

大家族主義だからといって、能力がないにもかかわらず、
年を取っているから、あるいは社歴が古いからといって、
そういう人を長に据えるようなことはしません。

そうすることで真に実力を持った人が皆を引っ張ってくれ、
事業を成功に導いてくれるでしょう。
実力主義に徹することが、全従業員の物心両面の幸福を追求することにつながるのです。

zitsuryokusyugi.jpg
sokukettei_sokuzikkou.jpg

『即決定、即実行!』
これが、会社と個人の成長の原動力

『正しいと思ったことは、迷わず行動を起こしてみよう』
というのが、大進建設の仕事への姿勢です。
数字と結果で成果を確認し、必要であれば改善策を考え、再び行動する。
そのトライアンドエラーでの小さな改善の積み重ねが、
やがて目標達成という大きな成果になり、会社と個人の成長につながります。

常にスピード感を持って決定がなされることで、
社員は自身の業務に専念することができ、
競合他社に負けない業績向上と社員の物心両面の豊かさが実現するのです。